【松阪市】味噌ラーメン専門店「らーめん処 武蔵」3種類の味から選択(メニュー・営業時間・アクセス)

シェアしてね

f:id:ken_chan_bike:20210514225722j:plain

こんにちわ、ケンチェラーラです。

三重県松阪市にある味噌ラーメン専門店「らーめん処 武蔵」

2018年11月にオープンした比較的新しいお店で、北海道の人気ラーメン屋で修業した店主が作る絶品の味噌ラーメンが大人気。

松阪市にある数少ない味噌系ラーメンのお店ということで、ケンチェ飯もお店にお邪魔してきました。

それでは、ペロペロしていきましょう!

お店情報
営業 11:00-15:00・17:30-22:00
定休日 火曜日
電話 0598-31-2718
予算 800円~
場所 三重県松阪市駅部田町151-17
備考 カード不可

 

国道42号線!松阪市にある味噌ラーメン専門店

f:id:ken_chan_bike:20210514225733j:plain

松阪市にある味噌ラーメン専門店「らーめん処 武蔵(ぶくら)」

店名は「むさし」ではなく「ぶくら」と読みます。

お店は松阪市街を走る国道42号線途中のテナントの一角にあります。

ハニータウンと総称される場所で、多くの飲食店が軒を連ねています。

駐車場はお店前に十分確保されています。

伊勢で味噌ラーメンを食べるなら「蔵deらーめん」、松阪ならば「武蔵」が有名だと思います。

三種類の味!武蔵のメニュー紹介

f:id:ken_chan_bike:20210514225747j:plain

f:id:ken_chan_bike:20210514225805j:plain

f:id:ken_chan_bike:20210514225824j:plain

ランチタイムはセットメニューが50円引き、小ライス無料サービス付き。

この他にも単品メニューも充実しており、飲み場として利用することもできます。

予算は800円~1500円程度。

  • ラーメン
  • 味噌(730円)
  • 味噌チャーシュー(1030円)
  • 味噌味玉(830円)
  • 味噌野菜(830円)
  • 味噌肉ネギ(880円)
  • 味噌バター(830円)
  • 麺大盛り(100円)
  • 辛みそらーめん(800円)
  • タンタンメン(800円)
  • 醤油ラーメン(700円)
  • 塩ラーメン(700円)
  • トッピング
  • 炙りチャーシュー(300円)
  • 味玉(100円)
  • バター(100円)
  • 野菜(100円)
  • 肉ねぎ(150円)
  • コーン(100円)
  • セットメニュー
  • 餃子+ライス(350円)
  • 餃子+ミニライス(550円)
  • 唐揚げ3個+ライス(350円)
  • 唐揚げ3個+ミニチャーハン(550円)
  • サイドメニュー
  • 手作り餃子(300円)
  • とりの唐揚げ(300円)
  • チャーハン(400円)
  • ミニジャージャー丼(300円)
  • ミニチャーシュー丼(300円)
  • ミニチャーマヨ丼(300円)
  • ライス(150円)

味噌ラーメンは「濃口・やや濃口・甘口」の3種類から選択。

武蔵の名物!3種類の味噌ラーメン

f:id:ken_chan_bike:20210514225617j:plain

武蔵で提供している味噌ラーメンには「濃口・やや濃口・甘口」の3種類があります。

以前は濃口が北海道味噌、やや濃口が信州味噌、甘口が九州味噌でしたが、現在は合わせ味噌となっているようです。

濃口はかなり喉が渇くので、オススメはやや濃口です。

f:id:ken_chan_bike:20210514225628j:plain

トッピングにはチャーシュー、挽肉、もやし、ニラを採用。

麺の分量は男性なら大盛り、女性ならば普通盛りが適正かと思います。

f:id:ken_chan_bike:20210514225728j:plain

ちなみに、3種類の味噌から選択する制度は、全国展開する田所商店と同じシステムとなっています。

何か関係があるのでしょうか?

今まであまり耳にしないラーメン屋でしたが、実際に行ってみると、かなり美味しい味噌ラーメンで驚きました。
松阪で味噌ラーメンが食べたくなったら、必然的に「武蔵」が候補に挙がると思います。

昼間はお手頃な定食がある

f:id:ken_chan_bike:20210514225610j:plain

昼間は定食もあるそうです。

ラーメンだけでなく、油淋鶏定食もあり、少し気になりますね・・・。

夜に比べてお得な値段で食べることができるので、ぜひ行ってみて下さい。

 

店内の様子は?

f:id:ken_chan_bike:20210514225738j:plain

2018年6月頃に一度リニューアル。

お店の外装は家系ラーメンを匂わせる派手気味の看板が光っていました。

入店すると想像以上に落ち着いた空間が広がっています。

あまりのギャップに最初は驚きました。

f:id:ken_chan_bike:20210514225741j:plain

以前は中華料理屋だったので、その名残りも感じられます。

カウンター3席、4人掛けテーブル4脚、4人掛け座敷2卓、6人掛け座敷2卓の広々とした空間。

座敷があるので、ラーメン屋ですが、比較的ゆっくりと食事を楽しめると思います。

特徴ある椅子が並んでいました。

店主1名、中国人の女性1名で切り盛りされていました。
ご丁寧に接客してくださり、大変満足いく食事となりました。
ありがとうございます。

三重県のグルメ情報を発信しています。
記事を投稿する度にSNSでお知らせ!
Instagramのフォローよろしくお願いします!

武蔵で実際にラーメンを食べた感想

今回初めてお店にお邪魔しました。

お店の外装と内装の乖離に度肝を抜かれながら、待つこと5分。

熱々のラーメンが到着しまいた。

今回注文したのは「味噌チャーシュー やや濃口+辛味噌ラーメン」

早速、ペロペロしていきましょう!

コクのある味噌!「味噌チャーシュー」(1030円)

f:id:ken_chan_bike:20210514225613j:plain

お店の方にオススメを尋ねると、「味噌チャーシュー」と推されたので注文。

味噌の何ともたまらない香りが辺り一面に漂い、食欲は爆発寸前。

チャーシューはデフォルトで5枚、挽肉、もやし、ニラがトッピングされています。

f:id:ken_chan_bike:20210514225657j:plain

スープは適度な甘み、そして味噌ラーメン専門店というだけあって確かなパンチ力がありました。

挽肉の旨味がスープに絶妙に調和しており、これがまた絶品。

確実に喉が渇く塩気ですが、美味しいので問題なし。

f:id:ken_chan_bike:20210514225701j:plain

麺は縮れ細麺で、若干の平打ち気味。

これが大正解。

スープとの相性が抜群で、確実にラーメン全体のレベルを底上げしていました。

麺は大盛り必須でしょう。

f:id:ken_chan_bike:20210514225648j:plain

チャーシューは適度に炙ってあり、肉の旨味が染み出してきます。

白米を単品で注文し、ご飯の上にのせて食べるのもありですね。

f:id:ken_chan_bike:20210514225706j:plain

もやし、挽肉、ニラのトリプルコンボも麺との相性が良し。

最後まで楽しめる一杯であるように感じました。

伊勢の「蔵deらーめん」にそっくりな味で、一瞬姉妹店?と思ってしまいました。

 

辛いもの好きには!「辛みそラーメン」(800円)

f:id:ken_chan_bike:20210514225621j:plain

如何にも辛そうな見た目をしたラーメン。

香辛料がたっぷりのスープで、山椒の風味が鼻を抜けていきます。

f:id:ken_chan_bike:20210514225711j:plain

辛いものが苦手な私でも食べられる辛さでした。

どちらかと言うと、唐辛子などの辛さではなく、香辛料の辛さという感じでした。

鼻汗を垂らしながら、存分に味わってきました。

f:id:ken_chan_bike:20210514225714j:plain

ラーメンのお供に!「手作り餃子」(300円)

f:id:ken_chan_bike:20210514225652j:plain

餃子は弾力が強めの皮にニンニクが効いたタネ。

美味しかったです。

f:id:ken_chan_bike:20210514225718j:plain

ごちそうさまでした。

  • 値段 : 2230円
  • 満足度 : ☆☆☆☆
  • 味 : ☆☆☆
  • 一言 : 麺が美味しい味噌ラーメン

武蔵様、最高の食事をありがとうございました。
ごちそうさまでした!

らーめん処 武蔵のまとめ

これまでは、味噌ラーメンと言えば、伊勢にある「蔵deらーめん」しか眼中にありませんでした。

松阪にもこれだけ美味しい味噌ラーメン専門店があることに驚きました。

特に平打ち気味の麺が最高で、味噌との相性が抜群であったように思います。

外観と内装とのギャップには驚きましたが、ラーメンのレベルはそれなりに満足いくものであるように感じました。

ごちそうさまでした。

シェアしてね
お問い合わせフォーム
  • お店の取材依頼
  • コラボ依頼
  • スポンサー・広告依頼
  • 読者がケンチェ飯に行って欲しいお店
  • ケンチェ飯とご飯を一緒に食べてみたい

内容問わず、お気軽に下記フォームよりご連絡下さい!

日頃よりご支援頂き誠にありがとうございます。