366店舗目

【津市】ミシュラン獲得!「博多一丁」の豚骨ラーメンを食べてきた|四日市の人気店「なみへい」との関係は!?

感染症対策を講じた上で取材を行っております。
シェアする

こんにちわ、ケンチェラーラです。

三重県の豚骨ラーメン屋さんの中で、二台巨頭の一角と言われる「博多一丁」に行ってきました。

北は四日市の「なみへい」、中部は津市の「博多一丁」が、県内にお店を構える豚骨ラーメン店では名の知れたお店となっています。

個人的に県内で最も好きな豚骨ラーメンで、万人にオススメできます!

これまで数多の豚骨系を食べてきた私ですが、久しぶりに豚骨ラーメンで感動してしまいました・・・。

実際にお店に潜入してきたので、お店の特徴、食べた感想などを詳しく紹介させていただきます。

それでは、ペロペロしていきましょう!

お店情報
営業(平日) 11:30~14:00 ・18:00~20:30
営業(土日祝) 11:00~15:00
定休日 月曜日
電話 059-255-1370
予算 500円~
場所 三重県津市久居北口町2692-2
備考 カード不可 ・ 電子マネー不可
リンク 博多一丁 公式Instagram




ミシュラン獲得のラーメン!津市にある「博多一丁」とは?

2007年8月2日、三重県津市の突如として現れた新星「博多一丁」

オープンして以来、県内では頭一つ飛び抜けた人気ぶりで、連日お店前に長蛇の列ができている人気店です。

店主は古川博行さんで、その名前を見て驚くのは「博多に行く」と言わんばかりの名前となっており、おそらく博多出身の方なのではないでしょうか。

出身地の詳細は不明ですが、神から「大きくなったら博多ラーメンのお店を開業しなさい」とのお告げをもらったような名前の方ですね。

「本場の博多ラーメンを三重の皆様に食べて頂き喜んで頂きたい」と考え、日々努力と研究をされているそうで、その味は多くの食通の舌を唸らせているとか。

実は、ここのラーメン屋出身のお店は県内に数店舗あり、最近では松阪市にオープンした「川」などもその一つとなっています。

まさに三重県豚骨ラーメンの聖地、本場の博多の味を楽しめるお店なのです。

ケンチェの予想

三重県の豚骨ラーメン界隈の金字塔と称されるお店は「なみへい(四日市)」と「博多一丁(津市)」の2店舗。ネット上では博多一丁がなみへいの影響を受けて開業したとの噂がありますが、その真相は闇に包まれています。ただ、両店舗ともに2004年~2007年に開業したということもあり、少なからず何かしらの関係はあると考えられますね。なみへいは取材NG店なので、メディアには登場することはほとんどありませんので、博多一丁の方が目立っている傾向があります!

博多一丁は「ミシュランガイド 愛知・岐阜・三重 特別編 2019」にも掲載されたことで有名ですね!

1日120食限定の豚骨ラーメン!仕込みに3日かかる!?

博多一丁の豚骨ラーメンは1日120食限定。

理由は、下処理に1日、炊き込みに1日、熟成に1日の仕込みに3日かかるスープにあります。

三重県産の雌豚頭骨を使用し、こだわり抜いたスープだからこそ1日に作れる量に限界があるそうです。

味は全く動物臭がしない、純豚骨のもので、万人に好まれる仕上がりとなっています。

基本的に休日はお昼のみで完売することが多いので、早めに来店するようにしましょう。

こちらの豚骨スープを求め、葉加瀬太郎、月亭方正、吉田沙保里などの有名人も過去に来店されています。

津市のラーメン屋|食べログランキング

お店へのアクセスと駐車場について

お店は津市久居、国道23号線から久居市街に向かう途中の住宅街にあります。

久居駅からは徒歩で15分ほどで到着します。

閑静な住宅街にあるので、少し立地に意外性がありますが、すぐに分かると思います。

駐車場はお店前に8台、少し離れた場所に5台分確保されています。

待ち時間と店内の様子

基本的に待つことが多いお店なので、参考となる待ち時間を掲載しておきます。

待っている間は、お店前のベンチ、または車での待機となります。

お店前に設置された自販機、ジュースの店内持ち込みができるので、待ち時間の間に準備しておきましょう。

胃もたれが気になる方は、ぜひ黒烏龍茶を準備しておきましょう。

入店する前に入り口にある食券機で食券を購入しておきます。

あとは、店員さんの声掛けで座席に案内されるのを待ちます。

店内にはハード系のロックが流れ、店員さんの元気の良い挨拶が響き渡っていました。

座席はカウンター5席、4人掛けテーブルが8卓の全席禁煙。

長靴を履いた、まさにラーメン屋という風格の大将。

お客さんは、一人客、家族連れなど様々な印象でした。

 

博多一丁のメニューを紹介

各種ラーメン
ランチセット
  • 博多とんこつ
  • ラーメン(730円)
  • チャーシュー麺(930円)
  • 味玉ラーメン(830円)
  • 味玉チャーシュー麺(1030円)
  • 替玉(120円)
  • 替玉ハーフ(70円)
  • 一口明太子(150円)
  • ランチセット
  • ラーメンライスセット(830円)
  • 明太子ご飯セット(930円)
  • チャーシューご飯セット(930円)
  • トッピング
  • チャーシュー(200円)
  • 味玉(100円)
  • ネギ多め(50円)
  • キクラゲ多め(50円)
  • 焼きのり(50円)
  • 辛味噌(50円)
  • ご飯もの
  • 明太子ごはん(250円)
  • チャーシューごはん(250円)
  • ごはん(150円)
  • アルコール
  • 缶ビール(350円)

男性は替え玉必須、お昼はランチセットにすることをオススメします。

麺の硬さは注文時に選択可能で、ここのお店には「ずんだれ」と「粉おとし」という裏メニューがあります。

一般的な「やわめん」より柔らかいのが「ずんだれ」、「はりがね」より硬いのが「粉おとし」となっているので、気になる方は食べてみてください。

豚骨味ですが、女性でもペロリと完食できると思います。

博多一丁と関係があると言われている「なみへい」でも「ばりやわ」という硬さがあります!

今回食べたものを紹介!

今回は「味玉チャーシュー麺」と「ラーメン」を注文。

結論、「万人に好まれる豚骨ラーメン」という感じで、非常に食べやすい一杯でした。

簡単にですが、食レポをさせていただきます。

早速、ペロペロしていきましょう!

味玉チャーシュー麺(1030円)

チャーシュー7枚、刻み葱、きくらげがトッピングされた「味玉チャーシュー麺」。

男なら黙って全乗せの一択ですね。

豚骨の甘い香りがムワッと広がる感じが何ともたまりません・・・。

それでは、いざ実食。

スープはクリーミーな豚骨で、獣臭なし、粘土控えめなもの。

豚骨は動物臭のガッツリするタイプが多いのですが、ここのスープは驚くくらいスッキリしています。

この辺りのラーメン屋ですと、ばんび、大妟などは動物系豚骨となってきます。

博多一丁のスープは、日本人の好みの真ん中をついてきたような味で、万人受けという感じでした。

私はこういったスープが大好きですが、独特のアクセントが欲しい人には少し物足りない豚骨スープなような気もします。

麺は博多から直送の極細ストレート。

加水率が低めの麺で、小麦風味強め、歯ごたえ抜群。

「かため」くらいが最も美味しく感じられました。

チャーシューは脂と赤身のバランスが絶妙な豚バラ肉。

豚骨スープに合うように、薄めのスライスで主張も抑え気味。

厚切りにし過ぎると、豚+豚スープになってクドくなるからでしょう。

味玉も絶妙な半熟加減。

替え玉は食券機で予め購入しておく、またはその場で現金120円を支払って注文するかの2択となります。

硬さを毎度変更することができるので、いろいろ楽しんでみてください。

クリーミーで臭みやクセが少ないスープで、豚の旨味が凝縮されていることが、一口食べるとすぐに分かりました。

おしらせ

ケンチェ飯では三重県グルメ全店舗制覇を目指して、どこよりも詳しいグルメ情報をお届け!

Instagramでは、随時DMでフォロワー様からの提案・ご意見を受付中!
また、フォロワー限定のイベントなども・・・!?

フォローしてお得な情報をゲットしてね!

フォロー

ラーメン(730円)

これが一番シンプルなメニュー「ラーメン」。

チャーシューは2枚、きくらげ、刻み葱がトッピングされています。

お店前で購入したコイツが有能。

店員さんに頼めば、氷を入れたコップも準備してくれるサービス付きとなっています。

各種トッピングも充実。

好みの応じて追加で入れながら、食べ進めていきましょう。

辛子味噌は追加料金50円で注文可能。

高菜はご飯にぶち込んで食べるのもオススメですよ!

明太子ごはん(250円)

モンドセレクション金賞、農林水産省大臣賞を受賞した「博多ふくいち」の明太子を使用。

九州と言えば、やはりコレですね。

ラーメンの残りスープをたっぷりかけて、雑炊風に食べると秒でご飯がなくなりました。

  • 満足度:☆☆☆☆
  • 味:☆☆☆☆
  • 一言:豚骨スープの中央値

博多一丁様、最高の食事をありがとうございました。
ごちそうさまでした!




博多一丁に行った感想

三重県津市にある豚骨ラーメンの総本山「博多一丁」。

全く癖のない豚骨スープで、とても食べやすく、つい食べ過ぎてしまいました。

行列覚悟の上での来店となりますが、何度も食べに行く価値のあるお店だと思います。

本日も最高のペロペロでした!

シェアする
お問い合わせフォーム
  • お店の取材依頼
  • コラボ依頼
  • スポンサー・広告依頼
  • 読者がケンチェ飯に行って欲しいお店
  • ケンチェ飯とご飯を一緒に食べてみたい

内容問わず!お気軽に!
下記フォームよりご連絡下さい!

閉じる
※Googleフォームが開きます
※ページの遷移はございません
日頃よりご支援頂き誠にありがとうございます。