386店舗目

【多気町】国道42号線にある「Cafe Marae」絶品のカレーライスとパスタのお店|メニュー・食べた感想

感染症対策を講じた上で取材を行っております。
シェアする

こんにちわ、ケンチェラーラです。

三重県多気町にある「Cafe Marae(マラエ)」に行ってきました。

国道42号線沿いにあるお店で、絶品のカレーライス、地元の食材を使ったパスタが人気のお店です。

最近、ラーメンよりもカレーを食べることが多くなった私。

この日もInstagramのフォロワー様に教えてもらい、早速取材しに行ってきました。

お店の特徴、食べた感想などを詳しく紹介していきます。

それでは、ペロペロしていきましょう!

お店情報
営業 11:00~19:00
定休日 木曜日
電話 0596-38-3676
予算 1000円~
場所 三重県多気郡多気町相可1365-1
備考 電子マネー可
リンク cafe marae 公式Instagram




多気町にあるパスタとカレーのお店「Marae」とは?

2014年6月16日、多気町相可にオープンした「Cafe Marae」

マラエとは、ニュージーランドの先住民族であるマオリの集会所を意味します。

お客様の味覚と心の拠り所として集まってもらえるお店を目指していることに名前が由来しているとか。

地元三重の食材を使ったパスタやカレーが人気で、地元の年配客から厚い支持があるお店です。

夜の営業は行っていませんが、ランチだけでなく、カフェとしても利用できるのが特徴の一つ。

営業時間の詳細
ランチタイム 11:00~15:00
カフェタイム 15:00~

伊勢志摩観光ホテルで修業した店主「芳森剛」

Maraeの店主は、伊勢志摩観光ホテルのフランス料理レストラン「ラ・メール」で修業した芳森剛さん。

三重県民なら誰しもが知るミシュラン2つ星のホテルで25年修業されたそうで、その実力は確かでしょう。

伊勢志摩観光ホテルで食事をするとなると、コース料理で最低2万円程度はかかってきます。

しかし、Maraeでは1500円で同じクオリティのカレーが食べれるので、割安感満載。

志摩市国府から多気町まで、毎日車を走らせているという店主。

定休日であっても、お店に来て仕込みを行うことがあるという生粋の料理人。

三重県では「伊勢志摩観光ホテル」出身の料理人が開業しているお店が結構ありまね!近くには津市「Rita」、志摩市「プティレストラン宮本」などが有名ですね。

三重県産の食材を使用!本格派の欧風カレー

マラエ名物のカレーは、三重の食材をたっぷり使用しており、ブイヨンから手作りの本格カレー。

日本人向けに改良された欧風カレーで、辛さは控えめなのが特徴。

スパイス選びからはじまり、半日じっくり焦がすことのないように煮込むそうです。

海の幸、山の幸、お米と全て三重県産にこだわった一品で、家庭では絶対に味わえないクオリティとなっています。

店主は、観光ホテルでカレーを担当していたこともあり、マラエで提供する食べ物の中で絶対的な自信があるのは「カレー」と仰っていました。

お店へのアクセスと駐車場について

お店は多気町にあるクリスタルタウン横のテナントにあります。

国道42号線沿いなので、北部・南部からのアクセスが良好。

相可駅からは徒歩で11分ほどの場所にあります。

駐車場は共同のものがあり、満車になる心配はなし。

休日の昼間は予約で満席のこともあるので、前もって電話しておくことを推奨します。

店内の様子は?

店内は窓際にカウンター6席、4人掛けテーブルが4卓。

落ち着いた雰囲気で、お家のように寛ぐことができます。

一人で来店される方も多いそうです。

気さくな店主と面白い奥様の2人で営業しており、人がいない時には話相手にもなってくれます。

混雑していない場合は、提供時間は5~10分程度。

 

Maraeのメニューを紹介

カレーメニュー
パスタメニュー
カフェメニュー
ドリンクメニュー
  • カレー
  • 特製海の幸カレー(1400円)
  • 柔らか角煮ポークカレー(1300円)
  • 彩りカレー(1300円)
  • 海の幸ピラフ(1100円)
  • セットメニュー(+300円)
  • パスタ
  • 志摩産あおさ海苔クリームパスタ(1300円)
  • たまき豚のカルボナーラ(1300円)
  • 懐かしのナポリタン(1100円)
  • きのこカレークリームパスタ(1100円)
  • カフェ
  • ゴルゴンゾーラのチーズケーキ(500円)
  • クルミ入りガトーショコラ(500円)
  • 気まぐれシフォンケーキ(500円)
  • コーヒーゼリー(600円)
  • デザートプレート(1000円)
  • フレンチトースト(1000円)
  • フォンダンショコラ(1000円)
  • セットメニュー(+200円)
  • ドリンク
  • 珈琲(500円)
  • カフェオーレ(520円)
  • ココア(520円)
  • 伊勢の和紅茶(500円)
  • アールグレ(500円)
  • ダージリン(500円)
  • アップルジュース(320円)
  • オレンジジュース(320円)
  • ウーロン茶(320円)
  • オランジーナ(350円)
  • ノンアルコールビール(400円)

店主のオススメは「特製海の幸カレー」となっています。

しかし、お店で一番売れているのは「柔らか角煮ポークカレー」だそうです。

期間限定パスタもあるので、複数人で来店した場合は色々注文して、シェアしながら食べてみて下さいね。

ランチの場合は、セットで注文して食後のお茶も是非。

ランチは1500~2000円程度、カフェは500~1000円程度の予算でしょう。

カフェメニューのスイーツも全て手作だそうです。食後のお口直しには必須ですね!

今回食べたものを紹介!

三重県内のカレー屋を巡ろうと決心して1週間。

この日は多気町を攻めるということで、2店舗巡ってきました。

Maraeは雰囲気が非常に良く、カレーの味も癖なく食べやすい印象でした。

簡単にですが、食レポをさせていただきます。

早速、ペロペロしていきましょう!

柔らか角煮ポークカレー(1300円)

海の幸カレーがオススメと聞いていたが、どうしても角煮が食べたかったので「角煮ポークカレー」を注文。

グレイビーボードに入ったカレー、ご飯、自家製ピクルス、山盛り野菜のセット。

まずは、ルーから。

欧風カレーということで、香辛料は少なく、かなりマイルドな味付け。

お年寄りや子供でも安心して食べれる味で、これはこれで美味しい。

ブイヨン(コンソメ)も手作りだそうで、手間暇がかかった一杯。

野菜と肉のエキスがしっかり織り込まれ、コクと深みがありました。

刺激を求める人には、少し物足りないかもしれません。

ご飯はメニューに掲載されているサフランライスと思いきや、やってきたのは白米。

ルーをご飯にかけるとゴロゴロと具材が出てきます。

お目当ての角煮も丁寧に火が入っており、ホロホロの口溶け。

ライスの上にのっているものは骨付き、ルーの中に入っているものは骨なし。

表面は軽く焼いてあり、舌で噛み切れるほどの柔らかさ。

具材一つ一つがしっかり吟味された、優しい味のカレーという印象で、抜群に美味しかったです。

自家製ピクルスは程よい酸味で、甘めのカレーと対局していい感じ。

おしらせ

ケンチェ飯では三重県グルメ全店舗制覇を目指して、どこよりも詳しいグルメ情報をお届け!

Instagramでは、随時DMでフォロワー様からの提案・ご意見を受付中!
また、フォロワー限定のイベントなども・・・!?

フォローしてお得な情報をゲットしてね!

フォロー

気まぐれシフォンケーキ(500円)

気まぐれシフォンケーキは、旬の味覚を使ったものが食べれます。

奥様曰く、牡蠣、サツマイモ、南瓜などがあるそうです。

この日は、酒粕のシフォンケーキ。

生地はきめ細かく、ふわっとした食感。

鼻に抜ける酒粕の香りが良いですね。

盛り付けも可愛らしく、女性が喜ぶこと間違いなし。

  • 満足度:☆☆☆☆
  • 味:☆☆☆☆
  • 一言:激旨のマイルドカレー

Marae様、最高の食事をありがとうございました。
ごちそうさまでした!




Maraeに行った感想

多気町にあるカレーとパスタのお店「Cafe Marae」。

伊勢志摩観光ホテルで修業した店主が作る絶品のカレーは、マイルドで非常に食べやすい印象でした。

観光ホテルの色に染まっていない、オリジナルのパスタも気になるので、次回食べてみようと思います。

また、観光ホテル出身の料理屋さんも少しずつ巡っていきたいと思います。

本日も最高のペロペロでした!

シェアする
お問い合わせフォーム
  • お店の取材依頼
  • コラボ依頼
  • スポンサー・広告依頼
  • 読者がケンチェ飯に行って欲しいお店
  • ケンチェ飯とご飯を一緒に食べてみたい

内容問わず!お気軽に!
下記フォームよりご連絡下さい!

閉じる
※Googleフォームが開きます
※ページの遷移はございません
日頃よりご支援頂き誠にありがとうございます。