358店舗目

【松阪市】2021年にオープン「麺や 川」の鶏そばを食べてきた!(メニュー・駐車場)

感染症対策を講じた上で取材を行っております。
シェアする

こんにちわ、ケンチェラーラです。

松阪市に今年度オープンしたラーメン屋「麵や 川(せん)」に行ってきました。

オープンしてたった1ヵ月で忽ち行列ができるお店となり、口コミでは相当美味しいとの情報・・・。

ラーメンは鶏をベースにしてもので、比較的あっさりしたスープなので万人向け。

実際に自分の舌で確かめるために、お店を徹底的に調査してきたので、食べた感想や特徴について詳しく紹介させていただきます。

それでは、ペロペロしていきましょう!

お店情報
営業 11:00~14:30
定休日 水曜日・不定休
予算 500円~
場所 三重県松阪市石津町311-2
備考 予約不可・カード不可
リンク 麵や 川 公式Instagram




2021年オープン!松阪市にある「麵や 川」とは?

2021年7月1日、松阪市石津町にオープンした「麵や 川」

ラーメン激戦区である松阪に突如として現れた超新星で、ご夫婦で経営されているお店です。

店主の川上さんは、和歌山県新宮市出身で某大手企業を脱サラされ、現在のお店を開業。

2006年頃からラーメン屋を開業したい想いがあったそうですが、なかなか踏み出すことができず。

転機となったのは2019年、「このまま自分のしたいことをやらないと人生が終わってしまう」と考え一念発起。

津市にあるラーメン屋「博多一丁」にて修行、その後、東京にある「食の道場」という学校でさらにラーメンに関する知識・技術を習得されたそうです。

博多一丁にお世話になったこともあり、敢えて競合になることを避け豚骨ラーメンには手を出さなかったそうです。修業したお店に対する配慮や我が道を行く男気が垣間見えますね!

どんなラーメンが食べれる?

お店で提供しているラーメンは鶏をベースにした塩・醤油の2種類。

二郎系や家系とは異なり、あっさりとした味付けなので比較的食べやすいのが特徴。

店主が数年間研究した末に生まれた魅惑の一杯だと思います。

松阪市にあるラーメン屋をほぼ全店舗制覇した私ですが、似たような味のお店は市内に一軒もないように感じています。

オープンして数カ月で行列不可避、多くのお客さんを虜にする鶏そばを是非ご賞味ください!

「麺や 川」の豆知識
店主は三重県最強とも言えるラーメン屋「鉢ノ葦葉」への憧れが強いらしく、あれこれ手を出さず、1種類のラーメンを突き詰めていくスタイルで今後も経営していくそうです。ちなみに、屋号の「川」は店主の苗字に由来しているとのこと。


醤油・塩・鶏にこだわったラーメン

お店自慢のラーメンへのこだわりが非常に強いので、少し紹介させていただきます。

まず全てのベースとなる醤油・塩は日本中のものを取り寄せ試作を繰り返されたそうです。

現在醤油味は5種類の厳選醤油を使用、塩味は2種類の塩をブレンド。

鶏に関しては、丸鶏や鶏ガラなど様々なものを仕入れ、自分の理想とするラーメンを再現すべく、お店に籠って日夜研究されたそうです。

原材料を取り寄せるだけでなく、店主自らも醤油蔵などを周られたそうです。その行動力と徹底したこだわり・・・感銘を受けました!

お店へのアクセスと駐車場について

お店は国道23号線すぐ近くのテナントの一角にあります。

すぐ近くには「麵屋 よつ葉」があるので、場所的には非常に分かり易いと思います。

店舗前に31台分の共同駐車場があり、松阪駅から1,488mと距離があるので車でのアクセスが最適でしょう。

昼時は混雑する傾向があり、名簿に名前を書いて待機する可能性があります。

回転率が高いので、30分以内には入店できると思います。

店内の様子は?

入店したらまずは食券を購入。

8人掛けのL字カウンターのみで、手際の良い調理風景が丸見えとなっていました。

鶏ガラが丸見えの大きな寸胴が目立っており、非常に存在感がありました。

店内、厨房ともに清潔感があり掃除が行き届いている印象でした。

そして、店員さんの愛嬌が良く、お客様への挨拶も素晴らしかったです。

 

「麵や 川」のメニューを紹介

鶏そば
  • 鶏そば
  • 特製しょうゆ(1100円)
  • 特製塩(1100円)
  • しょうゆ(850円)
  • 塩(850円)
  • チャーシュー丼(350円)
  • 大盛り(450円)
  • スープ茶漬け(300円)
  • 大盛り(400円)
  • 白ごはん(150円)
  • 大盛り(200円)

メニューは至ってシンプル明解で、醤油・塩の2種類のみ。

スープが無くなり次第営業が終了し、各種SNSで随時報告されています。

特製にすると味玉とチャーシューが追加でトッピングされます。

ネットの口コミでは、「スープ茶漬け」が美味しいとの評判がありました。

男性であれば「ラーメン+丼」、女性はラーメンのみで十分お腹いっぱいになると思います!

今回食べたものを紹介!

今回は2種類のラーメン+スープ茶漬け+チャーシュー丼を堪能。

一人で相当な量を食べたので、かなりお腹いっぱいになりました。

卓上には調味料はなく、「シンプルにそのままで食べて下さい」と暗示しているかのようでした。

簡単にですが、食レポをさせていただきます。

早速、ペロペロしていきましょう!

鶏そば 塩(850円)

なんとも美しいビジュアルの鶏そば。

トッピングは鶏チャーシュー、豚チャーシュー、穂先メンマ、ネギと極めてシンプル。

提供される直前、店主の丁寧な盛り付けが印象的でした。

器とレンゲは岐阜県土岐市のものを使用。

丸鶏と塩の香りが辺り一面に漂い、何とも食欲がそそられます。

スープは鶏の出汁がよく出ており、上品な塩気も口の中で感じられます。

透き通るようなスープですが、鶏の旨味がしっかり溶け込んでおり、見かけによらず鶏の主張は強め。

隠し味に甲殻類も入っているのか、これまで食べてきた鶏そばとは一線を画した風味がありました。

麺は多加水でツルッとした喉越しのストレート細麺。

国産小麦を数種類配合した自家製麺で、やや柔らかめの仕上がり。

どちらかと言うとソーメンに近い感じで、コシがもう少し欲しいところでした。

鉢ノ葦葉系のあっさりラーメンは、このような系統の麺が主流となりつつありますね。

チャーシューは肩ロースと鶏胸肉の2種類。

どちらも時間をかけて低温調理されているようで、ガツンとした塩気がありました。

かなり薄切りなので、一枚あたりのサイズ感はありますが、ペロリと完食可能。

しっかりと食感の違いが再現してあり、なかなか存在感のあるチャーシューでした。

おしらせ

ケンチェ飯では三重県グルメ全店舗制覇を目指して、どこよりも詳しいグルメ情報をお届け!

Instagramでは、随時DMでフォロワー様からの提案・ご意見を受付中!
また、フォロワー限定のイベントなども・・・!?

フォローしてお得な情報をゲットしてね!

フォロー

鶏そば 特製しょうゆ(1100円)

チャーシューが各2枚、稲先メンマ、ネギ、味玉がトッピングされた「特製しょうゆ」。

5種類の醤油をブレンドしているだけあって、非常に風味が豊かで、目を瞑っていてもラーメンが目の前にやってきたことが分かります。

これだけ上等な醤油を使っているので、鶏が醤油の押し殺されないかと心配でしたが、その心配は不要でした。

スープ単体で飲んでも感じる鶏の風味。

香り高く、上品に主張してくる醤油のかえしと絶妙にマッチした鶏スープ。

醤油の僅かな酸味も良い役者となり、具材・麺をより一層引き立ててくれます。

フルコンボだドン。

スープ茶漬け(300円)

口コミで大人気の「スープ茶漬け」。

こちらはラーメンの残ったスープで割っていただきます。

茹でたような、しっとりした角切りチャーシュー。

表面は軽く炙ってあり、海苔とネギが良いアクセントとなります。

あっさりとした茶漬けなので、男性であれば余裕で完食可能でしょう。

お米も専門家にブレンドしてもらっているそうで、このお店専用のものを使用しているとのこと。

チャーシュー丼(350円)

スープ茶漬けのチャーシューとは少し違うを受けた「チャーシュー丼」。

茹でたというよりは、ローストした感じで、焼き目の香りがしっかり立っていました。

味の濃さでみれば、チャーシュー丼の方がガツンとくるので、あっさりとした味がお好みの方は、スープ茶漬けを注文するようにしましょう。

  • 満足度:☆☆☆☆
  • 味:☆☆☆
  • 一言:丁寧な味つけの鶏そば

川様、最高の食事をありがとうございました。
ごちそうさまでした!




「麵や 川」に行った感想

三重県松阪市にある「麺や 川」。

あっさりとした鶏そば一本勝負のお店で、麺は鉢ノ葦葉の影響を強く受けている印象でした。

一度食べても決して飽きることがない、透き通るスープがで、老若男女に愛される味であるように思います。

松阪市でかなり話題のラーメン屋なので、近くを通った時は是非お立ち寄りください。

本日も最高のペロペロでした!

シェアする
お問い合わせフォーム
  • お店の取材依頼
  • コラボ依頼
  • スポンサー・広告依頼
  • 読者がケンチェ飯に行って欲しいお店
  • ケンチェ飯とご飯を一緒に食べてみたい

内容問わず!お気軽に!
下記フォームよりご連絡下さい!

閉じる
※Googleフォームが開きます
※ページの遷移はございません
日頃よりご支援頂き誠にありがとうございます。