334店舗目

【松阪市】「美佳寿司」二代目大将が握る安くて美味い寿司ランチ!テイクアウトも可能(店内の様子・駐車場)

感染症対策を講じた上で取材を行っております。
シェアする

こんにちわ、ケンチェラーラです。

三重県には鮨屋が約330軒あるという情報を仕入れたケンチェ飯。

密かに回らない鮨屋を全店舗制覇する計画を企んでいます・・・。

前回訪れたお店は、尾鷲市にある「あけぼの寿司」

実に4ヵ月ぶりの鮨ということで、この調子でいくと制覇するのに100年以上かかるので、ペースを上げていきたいところですね(笑)

さて、今回訪れたのは松阪市にある「美佳寿司」

比較的リーズナブルな価格で食べれるお店で、大将渾身の握りを堪能してきたので、詳しく紹介させていただきます。

それでは、ペロペロしていきましょう!

お店情報
営業 11:30~14:00・17:30~21:30
定休日 木曜日(祝日の場合営業)
電話 0598-23-7693
予算 2000円~
場所 三重県松阪市田村町386-12
備考 予約可・カード可・電子マネー可
リンク 美佳寿司 公式HP




松阪市にある「美佳寿司」とは?

1973年12月5日、三重県松阪市にオープンした「美佳寿司」

近海の魚介類をはじめ、伊勢湾でとれた新鮮なネタを中心に取り扱うお鮨屋さんです。

ランチは平均2000円、ランチは5000円程度と比較的リーズナブルに楽しむことができるお店なので、週1回の贅沢と決めているサラリーマンでも財布を気にすることなく食べに行くことができると思います。

とりあえず、まずは気軽にランチに行くことをオススメします!

出前やテイクアウトも可能!

美佳寿司で扱うネタは地産地消のものが多く、できれば目の前で大将が握った鮨をその場で食べるのがオススメですが、鮨をテイクアウトして家で楽しむこともできます。

忙しくてなかなか外食ができない方、パーティー・記念日などで寿司をとる際は是非ご利用ください。

出前・テイクアウトメニューは、店頭で食べる値段と大差はないようですね。気になる方は電話または直接お店に問い合わせください。

二代目大将「登俊也」さんが握る寿司

現在は、2代目大将「登俊也」さんがお店を切り盛りされており、先代の父からお店を継がれたそうです。

素早くて一切握りに無駄がない手つきは、まさに職人そのものでした。

真剣な眼差しで握る大将の姿は、圧巻の迫力で思わず目を奪われました。

握っている最中は話しかけにくいオーラを放っていましたが、握り終わると優しい表情に変わり、オンとオフの切り替えがしっかりしている、まさに職人さん。

お店へのアクセスと駐車場について

お店は松阪市田村町の国道166号線沿いにあります。

大通り沿いにあるので、すぐに見つけることができると思います。

駐車場はお店横と裏に10台分確保されおり、駅から離れているので車でのアクセスが最適でしょう。

カウンター席で食べたい・・・大人数で利用したいなどの要望がある場合は事前に予約をしておくこを推奨します。

店内の様子は?

入り口に飾られた存在感のある額縁。

「この世に幸せ思うもの寿司がある。好いて好かれて寿司がある。寿司があれば酒も肴もうまい。」とのこと。

寿司をとりあえず食べておけば、日頃の嫌なことも全て忘れ、順風満帆な人生を歩めることは間違いないでしょう。

店内は落ち着いた照明で、木材とコンクリートを組み合わせたモダンな雰囲気。

テーブル、お座敷、カウンターがあり、座席数は28席。

小さい子供も入店可能ということで、家族連れでも安心して利用することができます。

お店の奥にあるお座敷は掘りごたつとなっており、脚を伸ばして寛ぐことができます。

最大12名様まで受け入れ可能で、忘年会・新年会・法要や歓送迎会などの各種宴会も開催できるとのこと。

しかし、やはり鮨といえばカウンター席がオススメ。

大切な人と一緒にゆったりと握りを堪能してみてはいかがでしょうか。

店主のセンスの良さが随所に感じられる置物があり、こだわり抜いたインテリアも居心地の良さの秘密なのではないでしょうか。

女将さんと大将の2名で切り盛りされており、撮影も快く引き受けていただきました。

ありがとうございます。

 

美佳寿司のメニューを紹介

ランチメニュー
刺身・一品
膳・おまかせコース
握り・巻物
一品料理
  • 寿司おまかせコース
  • 松(5000円)
  • 竹(4000円)
  • 梅(2600円)
  • ランチメニュー
  • 鮪のづけ丼(1100円)
  • お昼のおまかせ握り(2090円)
  • 休日ランチ(2420円)
  • 寿司ランチ(1210円)
  • 店主のおまかせ握り(3190円)
  • 美佳御膳(3100円)
  • ちらし膳(2200円)
  • 寿司膳 (1700円)
  • 美住のオリジナルロール
  • ドラゴンロール(1600円)
  • 天巻(850円)
  • 穴子天巻き(1250円)
  • 炙りサーモンロール(1300円)
  • MIYOSHI ROLL(2500円)
  • のり稲荷(750円)
  • にぎり寿司
  • 盛合わせ:上(1700円)
  • 江戸前(1300円)
  • にぎり(1400円)
  • 上寿司(2100円)
  • 特上寿司:松(3300円)
  • 特上寿司:竹(2600円)
  • 松阪牛握り(750円)
  • 鉄火まぐろ(1600円)
  • うなぎ(2000円)
  • 穴子(1650円)
  • まぐろ(2250円)
  • 助六(700円)
  • いなり(700円)
  • お子様寿司(1000円)
  • 穴子の一本握り(500円)
  • ちらし・丼
  • ちらし(1150円)
  • 上ちらし(2200円)
  • 鉄火丼(2000円)
  • 鮪のづけ丼(2000円)
  • 親子丼(1900円)
  • SUSHIパフェ(1400円)
  • 刺身・一品
  • 刺身盛合わせ(3600円)
  • 本日の刺身4品盛(1600円)
  • 赤身造り(1500円)
  • いか造り(1000円)
  • 白身造り(時価)
  • うなぎ白焼(1700円)
  • たこぶつ(800円)
  • たこ酢(650円)
  • 酢の物盛合わせ(800円)
  • 海鮮カルパッチョ(1300円)
  • 水イカの一夜干し七輪焼き(1400円)
  • 幸福の一杯スプーン(800円)
  • アボカド天麩羅(510円)
  • 鮪とアボカドのわさび和え(750円)
  • あわびの造り(4000円)
  • あわびの天麩羅(4000円)
  • ちょっと贅沢な茶碗蒸し(1100円)
  • 茶碗蒸し(600円)
  • 赤出し(300円)
  • 押寿司
  • さんま寿司(700円)
  • バッテラ(800円)
  • 巻物
  • 海老巻(1400円)
  • うなぎ巻(1680円)
  • 穴子巻(1500円)
  • 鉄火巻(1450円)
  • いか巻(1300円)
  • きゅうり巻(800円)
  • 鉄火きゅうり巻(1150円)
  • 松阪牛しぐれ煮巻(1300円)
  • シーチキン巻(800円)
  • 納豆巻(800円)
  • しそ巻(800円)
  • 新香巻(800円)
  • 巻寿司(700円)
  • サラダ巻(950円)
  • 上巻(1100円)
  • トロ鉄火巻(3500円)
  • ネギトロ巻(3500円)
  • 冬季限定メニュー(要予約)
  • 海鮮寄せ鍋(2500円)
  • 海鮮寄せ鍋コース(5000円)

お店のオススメは「店主のおまかせ握り」で、最も価格対質が高いように思います。

このお店のオリジナルメニューである「ドラゴンロール」は、香ばしさとクリームチーズの絶妙なバランスが楽しめるもので、大将のオススメだそうです。

また、焼酎や日本酒も数多く取り揃えているでの、夜は一品料理をつまみに居酒屋としても利用できます。

「店主のおまかせ握り」は8貫と少ないように感じるかもしれませんが、細巻き1本・茶碗蒸し・赤出汁がセットになっているので、男性でもそれなりにお腹いっぱいになると思います!

今回食べたものを紹介!

たまには贅沢もありでしょう、ということで鮨を食べに行ってきました。

数軒候補があったのですが、今回は気まぐれで「美佳寿司」に決定。

鮨屋は表に出ている情報が少なく、実際に自分で行って確かめないと分からないことが多いのも魅力の一つだと思います。

今回はお手頃なランチを堪能してきたので、簡単に食レポをさせていただきます。

早速、ペロペロしていきましょう!

店主のおまかせ握り(3190円)

松阪牛握りが入った贅沢な握り8貫、細巻1本、赤だし、茶碗蒸しがセット。

素朴で飾らない見た目がいい感じですね。

細巻は新香、きゅうり、ごぼう、かんぴょう、梅しそ、なみだの6種から選択できましたが、今回は珍しいごぼうでお願いしました。

季節物を中心に選り取り見取りのネタ。

目玉は松阪牛と大トロといったところでしょうか。

ネタは確かにどれも新鮮で、雑味や臭みは一切なし。

軽めに酢を合わせた感じのシャリで、やや硬めのなのが特徴的でした。

酢の主張が控えめなので、シャリがネタを邪魔しない、あくまでも主役は海の幸という感じで、とても美味しかったです。

アジ、甘えび、その他のネタを見てもしっかり仕事がしてある様子で、実に美しい。

海老は甘すぎず、ちょうど良い感じ。

いくらは口の中で弾ける大粒のもの。

特筆すべきネタは烏賊で、柔らかい歯切れで、舌で感じるねっとりした感じが絶妙でした。

これが食べたかった松阪牛の握り。

流石は松阪にある鮨屋というだけあって、握りには松阪牛を組み入れてきますね。

お醤油などは付けずに、シンプルに塩でいただきます。

プルっとした弾力のある肉質で、噛むほど肉汁が溢れ出てきます。

かなり上等な部位を使っていると思います。

おまかせ握りのメインディッシュであるトロ。

舌の上で溶けだす脂、咀嚼して飲み込むとふわっと広がるトロの余韻がたまりません・・・。

やはり寿司はトロなくして成り立ちませんね。

とろける口あたりの茶碗蒸し。

これまた美味しかったです。

なみだが強めに効いた鉄火。

これも十分美味しかったのですが、せっかくならば美佳寿司のオリジナルロールを注文しておけば良かったと後から後悔しました。

持論ですが、一流のものに定期的に触れておかないと自身の感性が廃れていくように思います。

やはり定期的に鮨は食べに行かねばならないと自身を正当化して、これからは頻繁に鮨屋を巡りたいと思います。

おしらせ

ケンチェ飯では三重県グルメ全店舗制覇を目指して、どこよりも詳しいグルメ情報をお届け!

Instagramでは、随時DMでフォロワー様からの提案・ご意見を受付中!
また、フォロワー限定のイベントなども・・・!?

フォローしてお得な情報をゲットしてね!

フォロー

休日ランチ(2420円)

一番お得感のある休日ランチ。

握り6貫、天麩羅、サラダ、茶碗蒸し、赤だしがセットになっています。

お鮨はトロがない代わりに赤身があり、鉄火にも鮪が入っています。

アボガドのサラダは寿司の良き口直し。

魚が入った味噌汁赤だしは、魚介の旨味が詰まっていて美味しかったです。

  • 満足度:☆☆☆
  • 味:☆☆☆☆
  • 一言:ランチ最強説

美佳寿司様、最高の食事をありがとうございました。
ごちそうさまでした!




美佳寿司に行った感想

三重県松阪市にある「美佳寿司」。

一見さんお断りのような敷居の高い鮨屋ではなく、どなたでも気軽に食べに行けるお店で、新鮮なネタを使った鮨を楽しむことができます。

休日にちょっと贅沢がしたくなった時は、是非お店に食べに行ってみてください。

本日も最高のペロペロでした!

シェアする
お問い合わせフォーム
  • お店の取材依頼
  • コラボ依頼
  • スポンサー・広告依頼
  • 読者がケンチェ飯に行って欲しいお店
  • ケンチェ飯とご飯を一緒に食べてみたい

内容問わず!お気軽に!
下記フォームよりご連絡下さい!

閉じる
※Googleフォームが開きます
※ページの遷移はございません
日頃よりご支援頂き誠にありがとうございます。