307店舗目

【伊勢市】「炭焼 肉丸本店」厳選されたA5ランクのお肉のみを使用した焼肉屋!黒毛和牛・松阪牛など盛沢山のメニュー!

感染症対策を講じた上で取材を行っております。
シェアする

こんにちわ、ケンチェラーラです。

三重県伊勢市には20店以上の焼肉屋があり、その中で比較的最近オープンしたお店「炭焼 肉丸(本店)」に行ってきました。

チェーン店の焼肉に比べると、少しお値段は張りますが肉質はかなり上等なものを使っているので肉好きの方は必見のお店でしょう。

バカ食いすればシャレにならない会計となりますが、「賢く丁寧に食べる」ことを心がければ結構お手頃だと思います。

撮影許可も快く了承してくださり、ありがとうございます。

お店の特徴やオススメのお肉などを詳しくまとめてみたので、最後まで読んでみてくださいね。

それでは、ペロペロしていきましょう!

お店情報
営業 11:00~14:00・17:00~22:00
定休日 無休
電話 0596-64-8329
予算 2000円~
場所 三重県伊勢市神久4丁目329-4
備考 カード可・予約可
リンク 公式Instagram

 

A5ランクのお肉が食べれる!炭焼肉丸とは?

2017年11月22日、伊勢市神久にオープンした「炭焼 肉丸」

トレードマークは「29=肉」という赤色のロゴのお店で、ランチとディナーの営業を行っています。

2020年2月29日には伊勢市小俣町に支店をオープンしたこともあり、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

お店の最大の特徴は何といってもお店で取り扱うお肉にあります。

肉丸では、日本全国の牛を食べ尽くした大将が厳選するA5ランクのお肉のみを仕入れているとのこと。

都心部の高級焼肉でこのクラスのものを食べようと思うと、数万円~はかかることが多いのが実状ですね。

一般の牛肉には、公益財団法人日本食肉格付協会によってA1~5、B1~5、C1~5ランクの15段階の格付けが行われています。

その中でAランクは「標準より良い」ものを表し、数字はお肉の等級を示しており、大きくなるほど上質なものである証拠となります。

つまり「A5ランクは肉の王様」ということですね。

肉丸では、そんな超上質なお肉がランチでは1500円程度、ディナーでは1人3000円程度~から堪能することができます。

お財布事情が厳しい方にはランチがオススメです!

肉丸へのアクセスと駐車場について

肉丸本店は伊勢市神久の大通り沿いにあります。

ダイソー伊勢神久店の裏手に隠れているので少し分かりにくいです。

倉庫のような大きな建物が特徴で、以前は「菊丸」という焼肉屋がありました。

駐車場はお店前に十分確保されています。

宇治山田駅から徒歩20分程度と頑張れば歩ける距離となっています。


混雑状況

休日の夜は満席になることがあるので、事前に予約をしておくのが得策でしょう。
ちなみに、私が来店した時は休日でしたが、待ち時間なしでサクッと入店することができました。

店内の様子は?

店内はお座敷、テーブル席が完備されています。

完全個室のお店なので密会や焼肉デートにはぴったりだと思います。

肉丸小俣店はオープン座席が中心だったので、本店はまた違う雰囲気という感じですね。

お店は女性店員さん4名ほどで切り盛りされており、接客はかなり若い方が担当されていました。

お客さんはファミリー層や我々のような騒がしい客まで様々。

七輪で焼くためか煙がすごいとの口コミがありましたが、実際にお肉を焼いてみるとかなり煙が充満しました。

店員さんに「一度に沢山のお肉を焼きすぎです!」と注意されましたが、窓を開けるなどの喚起対策をすれば解消されました。

無煙ロースターのお店と比べると洋服に匂いが付くと思いますが、旨い肉が食べられると考えれば問題なしでしょう。

店員さんが「ケンチェ飯」を認知してくださっていたことに驚きました・・・。

 

肉丸本店のメニューを紹介

  • ランチ
  • 特選サーロインランチ(2400円)
  • 黒毛和牛すき焼きランチ(2400円)
  • ねぎ塩タンランチ(2000円)
  • 牛上塩タンランチ(1300円)
  • 松阪牛上カルビランチ(1500円)
  • ハラミとホルモンランチ(1100円)
  • 松阪牛
  • 特上リブロース(2400円)
  • 特上カルビ(2000円)
  • 上カルビ(880円)
  • 激旨ハラミ(2200円)
  • 厚切りタン(2000円)
  • ハラミ・サガリセット(2300円)
  • 牛肉
  • 黒毛和牛サーロイン(2400円)
  • 黒毛和牛リブロース(1580円)
  • 黒毛和牛特選カルビ(780円)
  • 黒毛和牛特上ハラミ(1980円)
  • 黒毛和牛特上サガリ(1580円)
  • 特上厚切りタン元(1780円)
  • 上塩タン(1080円)
  • アゴ塩タン(380円)
  • 上ハラミ(880円)
  • ねぎ塩タン(1180円)
  • タンカルビ(380円)
  • 塩ハラミ(980円)
  • ニンニクたっぷり塩ハラミ(980円)
  • 壺漬けハラミ(980円)
  • 壺漬けカルビ(980円)
  • 壺漬けタン(980円)
  • パールポーク
  • 豚ロース(680円)
  • 豚カルビ(580円)
  • 豚トロ(580円)
  • ピリ辛ウインナー(680円)
  • ウインナー(580円)
  • 鶏肉
  • とりもも(480円)
  • セセリ(580円)
  • ヤゲン軟骨(580円)
  • 鶏ハラミ(480円)
  • ホルモン
  • 生センマイ(700円)
  • 黒毛和牛ホルモンセット(1100円)
  • 脂ミノ(780円)
  • 金ホルモン(680円)
  • ツラミ(680円)
  • 厚切り炙りレバー(700円)
  • 上ミノ(780円)
  • ホルモン(580円)
  • コリコリ(680円)
  • レバー(480円)
  • ハツ(480円)
  • 赤センマイ(480円)
  • ハチノス(480円)
  • 脂ハツ(580円)
  • 焼センマイ(580円)
  • スープ
  • 濃厚テールクッパ(1280円)
  • テールスープ(980円)
  • たまごスープ(580円)
  • 肉団子スープ(880円)
  • パールポーク水餃子(780円)
  • わかめスープ(580円)
  • 春雨スープ(680円)
  • チゲスープ(680円)
  • その他
  • 肉丸台湾らーめん(780円)
  • 冷麺(780円)
  • 肉丸冷麺(980円)
  • 肉丸月見ご飯(580円)
  • 肉丸ご飯(500円)
  • ライス(250円)
  • アスパラホイル焼き(580円)
  • 松茸塩焼き(480円)
  • きのこホイル焼き(400円)
  • ネギのイカダ焼き(380円)
  • 肉丸まぜそば(880円)
  • 肉丸チヂミ(600円)
  • 旨辛トッポギ(580円)
  • トッポギチャプチェ(680円)
  • マーボー豆腐(880円)
  • 自家製白菜キムチ(480円)
  • 大根キムチ(480円)
  • もやしキムチ(680円)
  • キムチ盛り合わせ(680円)
  • チャンジャ(380円)
  • 枝豆(380円)
  • 冷奴(280円)
  • おろしポン酢(180円)
  • もやしナムル(380円)
  • 韓国のり(100円)
  • 肉丸特製タレ煮卵(180円)
  • 月見タレ(100円)
  • お手軽チーズフォンデュ(180円)
  • ネギ塩(180円)

肉丸では松阪牛、黒毛和牛など国産和牛のみを取り扱っています。

一皿あたりの価格もそこまで高いというわけではなく、複数人で食べれば財布へのダメージは軽減できるでしょう。

メニューは小俣支店とほとんど同じですが、本店ではサイドメニューが充実しています。

夜はお肉を食べた後に、お酒片手に長居できそうですね。

タレは醤油ダレが基本ですが、タブレットにある「無料サービス」を活用するようにしましょう。にんにく、コチジャン、ワサビ、ゴマ塩、ポン酢など様々なものがあるので、自分好みの食べ方を探ってみてください。

今回食べたものを紹介!

今回は男4人でお店にお邪魔してきました。

キンキンに冷えたビールを喉の奥に流し込むことで、日頃の疲れが吹き飛びます。

初めに無料サービスを大量に注文しておき、手元にはワサビ、ニンニク、コチジャンなどの役者が常にそろった状態で焼肉を楽しんでいきます。

塩がながった点が残念ですが、様々な味で肉を喰らうことができるのは嬉しいですね。

一番美味しかったのは、最近私の中で一大ブームを巻き起こしている「ワサビ醤油」。

ツーンとした刺激と醤油のコクが肉の旨味を最大限引き出してくれます。

黒毛和牛や松阪牛といった銘柄牛は濃い味の焼肉のタレではなく、シンプルな味で食べるのが一番美味しいように感じます。

早速、ペロペロしていきましょう!

松阪牛 厚切りタン

1人前2000円の松阪牛の牛タン。

しっかりとした弾力がありましたが、犬歯ですっと噛み切れる肉質。

噛むほど染み出す肉の旨味は、まさにお肉界のチューインガム。

例えが小学生レベルですが、流石は松阪牛というだけあってサシ加減がたまりませんでした・・・。

黒毛和牛 特選カルビ

1人前1180円で合計4人前くらい注文した特選カルビ。

黒毛和牛は九州に限定して仕入れているそうで、宮崎牛が多いとの情報もあり。

宮崎牛は4等級以上のものでないと「宮崎牛」と名乗ることができないブランド肉です。

舌触りはしっとり、他の牛にない滑らかさと芳醇なコク。

ジューシーな霜降り加減ですが、赤身の締まりも適度に感じられるものでした。

サシがきめ細かいのが特徴的で、そのビジュアルは至宝そのもの。

ごっつあんです。

ホルモン

人気ナンバー1と聞いたので、焼肉屋さんの鉄板メニューであるホルモンを注文。

こちらも良い内臓を使っているのか、雑味や臭みなどがなく非常に食べやすかったです。

しかし、いろいろ内臓系を食べるなら黒毛和牛のホルモンセットなどにしておけばよかったと後から後悔しました。

おしらせ

ケンチェ飯では三重県グルメ全店舗制覇を目指して、どこよりも詳しいグルメ情報をお届け!

Instagramでは、随時DMでフォロワー様からの提案・ご意見を受付中!
また、フォロワー限定のイベントなども・・・!?

フォローしてお得な情報をゲットしてね!

フォロー

上塩タン

人気ナンバー2と聞いた上塩タン。

松阪牛の塩タンを食べまくっていては財布が大惨事になるので、こちらをチョイス。

提供時に既に塩コショウがたっぷりかかっており、食べる直前に追加で振りかける必要はなし。

しっかりと味の付いたタンらしいタンでした。

黒毛和牛 特上ハラミ

これは相当美味しいと感じた特上ハラミ。

牛の横隔膜の筋肉で、内臓系に分類されるが赤身肉に近い食感が楽しめる部位です。

カルビほどサシは入っていませんが、ご飯無限に食べられる丁度よいくらいの脂加減。

脂っこいお肉は食べ過ぎると気持ち悪くなったりしますが、このハラミは無限に食べれる気がしました。

肉丸ご飯

500円でこのボリューム、吉野家顔負けの美味さでした。

ただ、これ単体で強烈なカロリーと味が付いているので、お肉と並行しながら食べるというよりは〆にふわわしいご飯物だと思います。

焼肉をシンプルに食べるなら、やはり白米が一強ですね。

肉丸月見ご飯

肉丸ご飯同様に〆にふさわしいメニュー。

本店では肉を楽しむ以外にも様々なサイドメニューが準備されているので、いろいろな楽しみ方ができると思います。

ブランド肉でお腹を一杯にしようと思うと値が張るので、500円程度のサイドメニューを駆使したら、よく食べる男性の方でも金銭面の心配はそこまでする必要はないと思います。

  • 満足度:☆☆☆☆
  • 味:☆☆☆
  • 一言:ブランド肉を喰らい尽くせ

肉丸様、最高の食事をありがとうございました。
ごちそうさまでした!

 

肉丸本店のまとめ

伊勢市にある焼肉屋「炭焼 肉丸」。

国内のブランド牛を中心にA5ランクのお肉を堪能することができます。

完全個室となっているので、周りの目を気にすることなくゆったりと食事を楽しむことができます。

友達や家族、または特別な日に贅沢なお肉で豪遊してみてはいかがでしょうか。

ランチは比較的お得なので、最初はお試しでランチに行ってみるのも得策だと思います。

本日も最高のペロペロでした!

シェアする
お問い合わせフォーム
  • お店の取材依頼
  • コラボ依頼
  • スポンサー・広告依頼
  • 読者がケンチェ飯に行って欲しいお店
  • ケンチェ飯とご飯を一緒に食べてみたい

内容問わず!お気軽に!
下記フォームよりご連絡下さい!

閉じる
※Googleフォームが開きます
※ページの遷移はございません
日頃よりご支援頂き誠にありがとうございます。