【志摩市】天ぷら専門店『とばり』の天丼ランチを食べてきた!

シェアしてね

f:id:ken_chan_bike:20210327201518j:plain

こんにちわ、ケンチェラーラです。

三重県志摩市ある天ぷらの名店『とばり』に行ってきました。

コース料理の値段は数万円程度しますが、ランチ限定の天丼は1500円で食べることができます。

本格的な天ぷらをお手頃な価格で楽しみたい方にオススメのお店です。

誰が食べても、その味の違いが分かるかと思います。

それでは、ペロペロしていきましょう!

 

【志摩市】天ぷら専門店『とばり』の天丼ランチ

志摩市阿児町鵜方にある天ぷら専門店「とばり」に行ってきました。

大将の戸張さんは、1850年創業の老舗天ぷら屋「一宝(いっぽう)」(大阪府)で料理長を長年務めた凄腕の方です。

一宝はミシュラン1つ星を5年連続獲得した、天ぷら業界のお墨付きの名店です。

とばりでは天ぷらのコース料理を楽しむことができます。

コース料理の価格は8000円~20000円とかなり高価なものとなっています。

なかなか手が届かい方向けに、ランチ限定でお手頃な価格で食べることができる「天丼」があります。

早速、ランチ限定の天丼をペロペロしてきました。

とばりのお手頃な天丼ランチ!

こちらが、ランチ限定の「天丼(1500円)」

数量に限りがあるので、予約しておくことを推奨します。

アナゴ、エビ、水揚げされたばかりの近海魚2種、野菜4種の天ぷらを載せた天丼。

志摩の特産品である”あおさ”がたっぷり入った味噌汁とお漬物が付き。

天丼の味は、塩とタレから選択することができます。

塩はご飯がひじきご飯となっており、素材の味を最大限楽しめるかと思います。

タレは甘めの味付けで、天ぷらの味をより引き立ててくます。

天ぷらは、サクサクの食感で、志摩の食材をふんだんに使用。

素人でも、普通の天ぷらとの味の違いを実感できると思います。

タレと塩は食事中にお好みで分量を調整できます。

大阪の老舗天ぷら店で修業した大将

大将の戸張さんは、大阪の調理専門学校を卒業後に会席料理店に10年勤務、その後天ぷらの料理人を23年勤め、独立されたそうです。

志摩では大阪では考えられない鮮度の魚が獲れるので、志摩の食材を使用した日本料理を世界に発信したいという想いがあるそうです。

また大将は、大のサーフィン好きであることも志摩に移転した理由の一つだそうです。

 

とばりに実際に行ってみた!

とばりは以前、志摩市のサーファーの聖地である”いちご浜”の近くにお店がありましたが、令和元年に阿児町鵜方にリニューアルオープン。

移転した理由は、以前の立地があまりにも交通の便が悪かったからだそうです。

現在は、鵜方市街にお店があるので、アクセスはかなり良好なものとなっています。

お店の外観は漆黒で、高級店のオーラを感じます。

店内はカウンター7席、テーブル4卓の計21席。

カウンターはヒノキの一枚板を使用しており、かなり高級感のあるものとなっています。

照明には、日本の伝統工芸の一つ「組子細工」のものを採用しており、美しい光が店内を照らしていました。

カウンター席では店主とお話しながら食事ができます。

テーブル席でコース料理を食べる場合は、出来立ての天ぷらが毎度運ばれてきます。

大将、女将さんともに笑顔で迎え入れてくれるので、あまり格式張らなくてもいいと思います。

日本酒と一緒に天ぷらを楽しまれる方が多い印象でした。

ゆったりとした空間で食事を楽しめるかと思います。

三重県のグルメ情報を発信しています。
記事を投稿する度にSNSでお知らせ!
Instagramのフォローよろしくお願いします!

【志摩市】とばりのお店情報まとめ

とばりの営業時間、定休日、駐車場について詳しくまとめておきます。

お店に行く際の参考にしてください。

人気店なので、前日までに予約しておくことを推奨します。

営業時間・定休日

昼の営業時間は11時30分~14時

夜の営業時間は17時30分~21時

定休日は火曜日

お店へのアクセス・駐車場

とばりへのアクセスを紹介します。

国道167号線で鵜方市街に差しかかかる所にある「ガスト 志摩阿児店」の手前の交差点を曲がり、すぐの場所にお店があります。

最寄駅は「志摩横山」で、徒歩でのアクセスも可能。

車はお店の横に5台~6台駐車可能。

お店情報
営業 11:30-14:00 / 17:30-21:00
定休日 火曜日
電話 0599-77-3864
予算 1500円~20000円
備考 カード不可
場所 三重県志摩市阿児町鵜方1091-1
リンク 公式Instagram

とばりのメニュー紹介

とばりの天ぷらのコース料理を掲載しておきます。

天ぷらコースでは、予算に応じて天ぷらが10種~13種類。

  • ランチ
  • 天丼(1500円)
  • 天ぷらコース(5000円~20000円)
  • ディナー
  • 天ぷらコース(8000円~2000円)

コース料理には志摩の特産品がたっぷり使われおり、予算に応じてメニューが変わるそうです。
まずは、一流の天麩羅をお手頃価格で楽しめる「ランチ限定の天丼」を食べてみることをオススメします。

ぺろぺろタイム(食レポ)

お手頃な価格で食べることができる「天丼」を注文。

注文時にタレまたは塩から選択と問われたので、今回はタレでお願いしました。

カウンター席からは調理工程が見えるので、テーブル席に座ったことを後悔。

大将の手さばきを拝見すると、揚げる直前に一つ一つ手で衣を素材に付けられており、その手さばきは職人そのもの。

素材を油に投下すると、聞いたこともない「サー」という音が店内に響き渡ります。

まるで、海のさざ波を効いているかのような音で、油のウォークマン状態。

大きな穴子と海老の存在が強く、素材からも高級感も感じられます。

使用している油は綿実油で、キレが良く胃もたれする心配がない口当たり。

鮨でいう所の、握りの力加減が、天ぷらでは衣の付け加減と同義でしょう。

素材ごとに絶妙に衣の付け加減が異なり、それぞれの食感を楽しむことができました。

通常の衣に比べ、サクサクとした食感が強め。

咀嚼した瞬間、衣のの中から素材の味や風味などがフワッと出てきます。

立体感のある仕上がりで、天ぷらに精通していない私でも、その違いを感じ取ることができました。

また、揚げ終えるタイミングの判断も職人技なのでしょう。

素材は穴子、鯛、茄子、かぼちゃ、海老など。

旨味を活かし、無駄なものを入れていない印象でした。

衣と素材が一体となっており、職人が作る天ぷらを存分に楽しむことができました。

タレは、天ぷらとの相性良く、箸を休めることなく完食できました。

塩は沖縄産のもので、シンプルに天ぷらを楽しみたい方にオススメ。

天ぷらの素材を一番強く味わうことができるかと思います。

  • 値段 : 1500円
  • 満足度 : ☆☆☆☆
  • 味 : ☆☆☆☆
  • 一言 : 本格的な天ぷらを堪能

とばり様、最高の食事をありがとうございました。
ごちそうさまでした!

 

とばりに行った感想

コース料理は値が張るため、初回は天丼で十分かと思います。

通常の定食屋の天丼に比べ2倍程度の値段でしたが、天ぷらの揚げ加減、素材の旨味などを加味すると、十分食べる価値があるように感じました。

大将もニコニコと笑顔で出迎えてくれ、気持ちよく食事をすることができました。

次回は、コース料理を食べたいと思います。

美味しかったです、ごちそうさまでした。

シェアしてね
お問い合わせフォーム
  • お店の取材依頼
  • コラボ依頼
  • スポンサー・広告依頼
  • 読者がケンチェ飯に行って欲しいお店
  • ケンチェ飯とご飯を一緒に食べてみたい

内容問わず、お気軽に下記フォームよりご連絡下さい!

日頃よりご支援頂き誠にありがとうございます。