179店舗目

和豚もちぶた使用!とんかつ専門店 「縁(えにし)」【伊勢】

感染症対策を講じた上で取材を行っております。
シェアする

トンカツ 縁(えにし)の紹介

こんにちわ、ケンチェラーラです。

伊勢市にあるトンカツ専門店「縁(えにし)」をご存知でしょうか?

松阪と言えばとんかつ野崎、伊勢と言えば縁と言っても過言ではないくらい、美味しいトンカツを食べることができます。

豚肉、パン粉が特徴的で、食べた瞬間口の中一杯に甘みが広がります。

「伊勢でトンカツを食べたい・・・」と感じたら選択肢の一つに入れてみて下さい。

営業時間、メニュー、食レポなどを詳しくまとめました。

ぜひ最後までお付き合いください。

それでは、ペロペロしていきましょう!

伊勢のグルメをお探しの際にご利用下さい!
【伊勢のグルメまとめ】

 

※目次をタップすると、各項目にジャンプします。

【伊勢】とんかつ・トンテキ 縁(えにし)

縁(えにし)の看板

伊勢でトンカツを食べるなら「縁(えにし)」がとにかくオススメです。

伊勢でトップクラスの美味しさのトンカツを食べることができると思います。

国道23号線沿いにあり、昼と夜に営業しています。

縁について詳しく紹介していきます。

もち豚を使用!伊勢のとんかつ専門店

もちぶたを使用した縁(えにし)のトンカツ

縁では、「和豚もちぶた」というブランド豚肉を使用しています。

「美味しさ・健康・安全・安心」を追求した最高の国産豚肉で、日本一美味しい豚肉を作ろうと謳っている養豚家から仕入れを行っています。

仕入れ先にこだわることで、品質のよい豚肉をお客さんに提供することができます。

また、縁では豚肉だけでなく、パン粉にも特徴があります。

使用しているパン粉は、カツが美味しくなるように考えられ、通常のパン粉に比べ糖分が多いものになっています。

故に、一般的なカツよりも色濃い仕上がりになっています。

縁のトンカツを美味しく食べる方法

縁(えにし)のカツを美味しく食べる方法

縁にトンカツは付属するソースダレで食べるのも美味しいですが、「岩塩を使って食べる」のがオススメです。

パン粉が甘いので、岩塩だけで食べるのが、シンプルに肉の旨味をしっかりと味わえると思います。

特にトンカツの端っこの部分は脂身が多いので、岩塩との相性が抜群でした。

f:id:ken_chan_bike:20210202223601j:plain

岩塩の次は「カレー塩」をかけて食べましょう。

塩とカレーパウダーを配合したもので、大きく味変します。

マヨネーズ、味噌、タルタル、おろしポン酢などの調味料も追加注文できるので、気になる方はいろいろと試してみて下さい。

最後まで飽きることなく、完食できること間違いなしです。

 

とんかつとバラカツの違い

縁(えにし)のカツの種類

えにしにはトンカツ定食に加えて、「バラカツ定食」と名付けられたメニューがあります。

豚肉の部位の違いによるもので、バラ肉を使用しています。

バラカツは脂身が多く、肉好きにはたまらない部位となっています。

写真からも分かるように、バラカツと通常のカツの違いは一目瞭然です。

バラカツも岩塩で食べるのがオススメです。

当ブログでは、グルメ情報を発信しています!
記事を投稿する度にSNSでお知らせします。
Instagramのフォローよろしくお願いします!

縁の営業時間・定休日 お店情報まとめ

縁(えにし)のお店情報まとめ

縁の営業時間、定休日、店内の様子などを紹介します。

お店に行く前に参考にして下さい。

営業時間・定休日

昼の営業時間は11時30分~14時30分

夜の営業時間は17時~21時

定休日は火曜日

店内の様子は?

縁(えにし)の店内

カウンター席、4人掛け座敷×3卓、2人掛け座敷×1卓。

家族経営されているのか、お奇麗な娘さんとお母さん、店主の姿がありました。

落ち着いた雰囲気で、カツを揚げる音をバックグラウンドミュージックにして、会話を楽しむことができます。

トイレにサイズ感のおかしい蛇口があるので、ぜひチェックしてみて下さい(笑)

縁へのアクセス・駐車場

縁へのアクセスは簡単。

松阪から伊勢方面へ国道23号線を進んでいきます。

伊勢市街に入って、数分すれば左手に「えにし」と書かれた大きな看板が見えてくると思います。

駐車場はお店前に6台分ほど完備。

満車である場合は、入店をお断りされるときもあるので、早めに来店するようにしましょう。

お店情報
営業

11:30~14:30(L.O.14:00) 

17:00~21:00(L.O.20:30)

定休日 火曜日
電話 0596-21-5222
予算 1000円~
備考 カード不可
場所 三重県伊勢市御薗町王中島206-5
リンク 公式Instagram

とんかつ・トンテキ 縁のメニュー紹介

縁(えにし)のメニュー

縁(えにし)のドリンクメニュー

トンカツの種類が多く、トンテキは二種類のみ。

定食には、ご飯、味噌汁、漬け物、小鉢が付いてきます。

ご飯は「大・中・小」から選択でき、小の場合は30円引きとなっています。

ご飯のお替りには追加料金がかかります。

また、味噌汁やキャベツのお替りもできます。

アルコールもあるので、美味しいトンカツに合わせてぜひ一杯。

  • とんかつ定食(1280円)
  • 大とんかつ定食(1700円)
  • バラカツ定食(1280円)
  • みそバラカツ(1330円)
  • ハーフバラカツ定食(750円)
  • とんかつ 海老フライ定食(1560円)
  • とんかつ バラカツ定食(1650円)
  • おろしかつ定食(1380円)
  • 大おろしかつ定食(1800円)
  • みそかつ定食(1330円)
  • 大みそかつ定食(1750円)
  • スタミナかつ定食(1350円)
  • 大スタミナかつ定食(1770円)
  • みそスタミナかつ定食(1400円)
  • みそ大スタミナかつ定食(1820円)
  • 海老フライ定食(1350円)
  • チーズinとんかつ定食(1460円)
  • トンテキ定食(1380円)
  • 大トンテキ定食(1800円)

男性なら「大」もペロリと完食できると思います!

ぺろぺろタイム(食レポ)

縁のトンカツを食べた感想を書きました。

今回は一番シンプルな「トンカツ定食」と二つの部位をダブルで満喫できる「とんかつ バラカツ定食」を注文しました。

異なる部位をダブルで満喫!とんかつ バラカツ定食

とんかつ バラカツ定食

小鉢、お味噌汁、ご飯、漬け物、キャベツ、トンカツのセット。

ご飯は大盛りで注文しました。

注文後に厨房でカツを揚げて下さり、カツのいい香りが店内に広がっていました。

f:id:ken_chan_bike:20210202223726j:plain

出来立てホヤホヤ。

外はサクサクでパン粉は大粒、食感がたまらない・・・。

パン粉が本当に甘くて、そのままでも十分味が付いていました。

岩塩をかけると、豚の脂身の甘さがより引き立ち、旨味を全開で感じることができます。

f:id:ken_chan_bike:20210202223553j:plain

ソースをかけると、ご飯が無限に進みます。

さっぱりとした味付けが好みの方は岩塩で、濃い目の味付けが好みの方はソースがオススメ。

f:id:ken_chan_bike:20210202223557j:plain

脂身にはくどさを緩和する「からし」との相性もよし。

二種類のカツを食べましたが、個人的には、バラカツの方が好きです。

脂身が多く、ガッツリ肉を食べた感じにがしました。

バラカツと岩塩の組み合わせしか勝たん・・・。

  • 値段 : 1650円
  • 満足度 : ☆☆☆☆
  • 味 : ☆☆☆☆☆
  • 一言 : バラカツの脂身美味すぎる…

 

一番シンプルなとんかつ定食

トンカツ定食

こちらは一番シンプルな「トンカツ定食」。

ダブルと比較すると、物足りないように感じますが、女性であればこのくらいが適正分量だと思います。

f:id:ken_chan_bike:20210202223605j:plain

カレー塩をかけると味が大きく変化しました。

様々な調味料を駆使すると、最後まで飽きることなく食べれると思います。

食後の胃もたれなどもなく、確かに上質なお肉、パン粉であったように感じました。

  • 値段 : 1280円
  • 満足度 : ☆☆☆
  • 味 : ☆☆☆☆
  • 一言 : 調味料を駆使すると面白い

えにし様、最高の食事をありがとうございました。
ごちそうさまでした!

とんかつ・トンテキ 縁に行った感想

伊勢で食べたトンカツの中で一番美味しいように感じました。

松阪の名店「トンカツ野崎」にも引けを取らないと思います。

野崎のトンカツは赤身メインですが、縁では赤味に加えて脂身があるので、個人的には縁の方が好きです。

国道23号線沿いということで、アクセスしやすいので、ぜひ行ってみてください。

ごちそうさまでした。


 

シェアする
お問い合わせフォーム
  • お店の取材依頼
  • コラボ依頼
  • スポンサー・広告依頼
  • 読者がケンチェ飯に行って欲しいお店
  • ケンチェ飯とご飯を一緒に食べてみたい

内容問わず!お気軽に!
下記フォームよりご連絡下さい!

閉じる
※Googleフォームが開きます
※ページの遷移はございません
日頃よりご支援頂き誠にありがとうございます。