【松阪市】『カツレツ Avanti』の噂の白いトンカツを食べてきた!【肉好き必見】

シェアしてね

f:id:ken_chan_bike:20210316175400j:plain

こんにちわ、ケンチェラーラです。

三重県松阪市嬉野町にお店を構えるトンカツ屋「Avanti(アヴァンティ)」をご存知でしょうか?

通常のお店に比べて圧倒的に上質なお肉と、丁寧な調理工程を踏んだ至高のトンカツが、ランチやディナーで食べることができます。

松阪では「トンカツ野崎」というミシュランで有名なトンカツ屋がありますが、Avantiもそれに匹敵するクオリティのお店だと思います。

それでは、ペロペロしていきましょう!

 

【松阪市】『カツレツ Avanti』の噂の白いトンカツは肉好き必見!

f:id:ken_chan_bike:20210316175406j:plain

伊勢中川駅裏の住宅街で、ひっそり営業しているトンカツ屋「Avanti(アヴァンティ)」

厳選されたトンカツ、牛カツ、ステーキが揃っているお店なので、肉好きの人は必見。

通常のトンカツ屋に比べて値段は高いですが、上質なお肉を食べることができます。

予算は1800円~16000円で、名だたる銘柄豚を食べることができます。

中には10000円以上もする松阪牛の牛カツもあります。

まずはお手頃に「白い衣のトンカツ」を食べてみて下さい。

低温でじっくり揚げた噂の白いトンカツ

f:id:ken_chan_bike:20210316175342j:plain

Avantiの最大の特徴である白い衣、そして断面から見えるピンク色のレアなお肉は他店では滅多にお目にかかれない仕上がりとなっています。

低温調理と余熱調理を組み合わせ、肉汁を衣の中にしかっりと閉じ込めたトンカツ。

外はサクサク、中はジューシーな仕上がりで、一口食べると豚肉の旨味が口の中いっぱいに広がります。

Avatiで使用している最高峰の豚

Avantiで使用している豚肉は「雪室熟成豚」「富士幻豚で」の二種類。

雪室熟成豚とは、その名の通り雪室で低温熟成させることで肉繊維を破壊。

その身は柔らかく、脂の口どけもよくなっている豚。

富士幻豚とは、富士山麓で育てられて希少種で豚の中での最高峰。

年間の出荷頭数は500頭程度のため、お店での提供には数に限りがあるそうです。

高級感のある脂が特徴で、しつこくない豚の香りがする豚。

f:id:ken_chan_bike:20210316175355j:plain

ランチ限定!お手頃価格で食べれる定食

「ディナーは高いので、ランチで安くて美味しい肉を食べたい・・・」

そんな方にオススメのお手頃価格で食べれる定食を紹介します。

f:id:ken_chan_bike:20210316175351j:plain

トンカツの代名詞であるヒレ肉、ロース肉をダブルで食べるなら「盛り合わせ定食」がオススメ。

ロース肉は雪室熟成豚を使用、溶けるような脂を存分に堪能できます。

そして、ご飯のお替りが無料なので、男性でもお腹いっぱい食べれると思います。

値段も2000円とお財布に優しいですね。

f:id:ken_chan_bike:20210316175347j:plain

また、Avantiではトンカツ専門店でも滅多にお目にかかれない「シャトーブリアンのカツ」があります。

通常のトンカツに比べて脂が少なく、さっぱりとした味わい。

豚肉の赤身の旨味を最大限味わうためにピッタリな部位です。

数量限定ですが、2000円程度で”肉の王様”を食べれるので、ぜひ注文してみてください。

人気の定食は品切れになることが多いので注意が必要。

シャトーブリアンは、牛ヒレ肉の中心部で特に柔らかい希少部位。
豚肉の場合は、豚ヒレ肉の中心部の最も太い部位で、脂肪分が少なく、ヘルシーな柔らかさが特徴。

 

イタリアンレストランをリニューアルした店内

Avantiは以前、イタリアンレストランとして営業していました。

2018年12月に「トンカツ屋」としてリニューアルオープン。

そのため店内は、その面影を感じるお洒落な空間が広がっていました。

座席はカウンター6席、テーブル5卓。

f:id:ken_chan_bike:20210316175439j:plain

女性一人でも入りやすい雰囲気。

厨房で調理をするのが店主、注文などは女性が承ってくれます。

厨房の調理器具が磨かれていて、清潔感に溢れていました。

f:id:ken_chan_bike:20210316175234j:plain

テーブルには高級感のある黒マットが敷いてあり、トンカツ屋とは思えない感じがしました。

お昼は結構繁盛していたので、予約しておくのがベストでしょう。

f:id:ken_chan_bike:20210316175446j:plain

注文の際にメニューをもってきてくれます。

提供時間は10分~15分程度

食後は温かいお茶も付いてきました。

三重県のグルメ情報を発信しています。
記事を投稿する度にSNSでお知らせ!
Instagramのフォローよろしくお願いします!

【松阪市】カツレツAvantiの営業時間とアクセス

f:id:ken_chan_bike:20210316175338j:plain

カツレツAvatiの営業時間、定休日、駐車場について詳しくまとめておきます。

お店に行く際の参考にしてください。

営業時間・定休日

昼の営業時間は11時~14時

夜の営業時間は18時~21時

定休日は月曜日

Avantiへのアクセス・駐車場

Avantiは「近鉄伊勢中川駅」のすぐ裏手の住宅街にお店があります。

駅からは徒歩で3分程度。

駐車場はお店前に6台分確保。

お店情報
営業 11:00-14:00 / 18:00-21:00
定休日 月曜日
電話 0598-67-7293
予算 1800円~
備考 完全禁煙
場所 三重県松阪市嬉野中川新町2丁目43
リンク 公式HP

【松阪市】カツレツAvantiのメニュー紹介

f:id:ken_chan_bike:20210316183124j:plain

f:id:ken_chan_bike:20210316183026j:plain

f:id:ken_chan_bike:20210316183047j:plain

f:id:ken_chan_bike:20210316183107j:plain

 メニューを掲載しておきます。

  • ランチ限定
  • ランチ限定セット定食(2500円)
  • ヒレとロース盛り合わせ定食(2000円)
  • ヒレ海老盛り合わせ定食(2300円)
  • 特ヒレ海老盛り合わせ定食(3200円)
  • ミックス定食(1800円)
  • 上ミックス定食(2400円)
  • 得ミックス定食(3000円)
  • シャトーブリアン定食(2100円)
  • ロースカツ定食(1500円)
  • 上ロースカツ定食(2000円)
  • リブロースカツ定食(2100円)
  • 特ロースカツ定食(2600円)
  • 厚切りロースカツ定食(3200円)
  • 松阪牛カツレツ定食
  • ラウンド(3000円)
  • イチボ(4200円)
  • テンダーロイン(5500円)
  • 特テンダーロインカツレツ(8800円)
  • シャトーブリアンカツレツ(8800円)
  • 特シャトーブリアンカツレツ(12000円)
  • 松阪牛ステーキセットメニュー
  • イチボのグリルステーキ(7000円)
  • ヒレのグリルステーキ(9000円)
  • シャトーブリアンのグリルステーキ(12000円)
  • 特選シャトーブリアンのグリルステーキ(16000円)
  • トッピング
  • 富士幻豚メンチカツ 50g(400円)
  • 雪豚熟成豚ヒレカツ 40g(500円)
  • 雪豚熟成豚シャトーブリアン(1000円)
  • 富士幻豚モモカツ 60g(800円)
  • 富士幻豚メンチカツ 60g(800円)
  • 伊勢赤鶏のささみカツ(600円)
  • 車海老フライ(1000円)
  • 広島ブランドかき小町フライ(500円)

2000円前後のトンカツが一番お手頃だと思います。ちょっと贅沢したい時は松阪牛なども!

ぺろぺろタイム(食レポ)

友人に紹介され、写真でピンク色のトンカツに一目惚れしました。

お店に到着する30分前に予約、座席を確保しておいて頂きました。

今回は「シャトーブリアン」と「ロース肉とヒレ肉」の定食をチョイス。

厨房からは、低温加熱のためか「ス―」という静かな揚げ音が響いてきました。

簡単に食レポをさせていただきます。

雪室熟成豚ヒレカツ定食【シャトーブリアン】

f:id:ken_chan_bike:20210316175239j:plain

雪室で熟成したシャトーブリアン。

その強烈なビジュアルに思わず息を呑みました。

「吾輩を見てくれ」と言わんばかに、やらしく切られた断面。

一目惚れ間違いなしの美しさです。

f:id:ken_chan_bike:20210316175257j:plain

お肉は130g、男性には物足りないと思いまが、希少な部位はこれくらいが丁度良かったりします。

一口食べると驚愕。

サクサクとしているが、優しい口当たりの高級白パン粉から強い甘みを感じます。

すぐに豚肉の赤身の旨味が全身全霊、口の中で暴れ出します。

肉臭さ、くどさは一切感じません。

その後、何事もなかったようにお肉が溶けていきます。

豚肉でこの境地のお肉が市場に出回るのは少ないのではないでしょうか。

店主は元々はイタリアンシェフだったということもあり、仕事が光るトンカツに仕上がっていました。

食べ方は岩塩、マスタード、わさび、出汁醤油、トンカツソース。

上質なお肉には、やはり岩塩が一番相性が良かったです。

f:id:ken_chan_bike:20210316175326j:plain

サラダは特製ドレッシングで頂きました。

  • 値段 : 2100円
  • 満足度 : ☆☆☆☆
  • 味 : ☆☆☆☆
  • 一言 : 口の中で爆ぜて、溶ける。

 

ヒレとロース盛り合わせ定食

f:id:ken_chan_bike:20210316175334j:plain

トンカツと言えば「ヒレ肉」と「ロース肉」が鉄板。

二つを楽しむことができる盛り合わせ定食を注文しました。

お肉はヒレ40g、ロース肉130g。

ご飯、豚汁、漬け物、小鉢のセットとなっています。

ロース肉は脂身が多く、肉好きにはたまらないトンカツだと思います。

脂身も通常のトンカツとは雲泥の差。

本当に豚肉なのかと疑いたくなるレベルの上質な口溶けでした。

正直シャトーブリアンよりロース肉の方が好みでした。

ヒレ肉は、脂身が控えめですが、肉の旨味はしっかりと感じることができました。

f:id:ken_chan_bike:20210316175318j:plain

ご飯のお替り無料なので、お腹いっぱい食べることができました。

久しぶりに感動しました。

  • 値段 : 2000円
  • 満足度 : ☆☆☆☆
  • 味 : ☆☆☆☆
  • 一言 : ロース肉がボリューミかつ至高

Avanti様、最高の食事をありがとうございました。
ごちそうさまでした!

 

カツレツAvantiに行った感想

イタリアンレストランからトンカツ屋に大変身。

老舗トンカツ屋にも引けを取らない最上級のトンカツがお手頃な価格で味わうことができました。

視覚、味わい、匂い、全てにおいて申し分ない究極の豚肉。

最高の素材を適切に調理するシェフの丁寧な仕事が垣間見えました。

本当に美味しかったです。

ごちそうさました。

シェアしてね
お問い合わせフォーム
  • お店の取材依頼
  • コラボ依頼
  • スポンサー・広告依頼
  • 読者がケンチェ飯に行って欲しいお店
  • ケンチェ飯とご飯を一緒に食べてみたい

内容問わず、お気軽に下記フォームよりご連絡下さい!

日頃よりご支援頂き誠にありがとうございます。